FXのチャートの見方、バイナリーにも必須の知識

FXの取引を行う上でチャート分析の見方を覚える事は必須です。
チャートとは、過去のレートをグラフに示したものを指します。

過去の為替レートの変動が一目で分かりますから、
取引を行う上で必須なものだと考えられます。

チャートはインターネット上でも見ることができますから、
検索をしてみると良いでしょう。

例えば、「ドル円チャート」で検索をすればすぐに見つかります。
このチャートを見ていると細かい変動がたくさんある事が分かりますが、
その細かい変動を包み込む大きな変動があるのが分かるでしょう。

このような大きな流れを「トレンド」と呼びます。

例えば、最近では2007年の6月1日の124.13円から2011年の10月3日に
75.57円までドルが下落しいるのが分かります。
これがトレンドです。

この場合には下降トレンド、あるいは円高トレンドと呼びます。

もしもチャートが右上がりになっていれば上昇トレンド、
あるいは円安トレンドと呼びます。

トレンドとはこのような為替レートの大きな流れを指すのですが、
これを分析することがFXやバイナリーオプションでは必須です。

株式などでは「安く買って高く売る」が基本なのですが、
FXでこれをするのは非常に難しく、トレンドを分析して
トレンドに沿った取引をするほうがリスクは小さいと考えられています。

そのために、トレンドの転換を知らなければなりません。
直近では2012年の11月9日から上昇トレンドに転じていますから、
それまでのドル売りポジションから、
次はドル買いポジションへと変えなければならないのです。

このようにチャートとトレンドの見方を身につけると
様々なチャンスを抑えることができ、それだけ利益を確実に
掴む機会も増えることとなります。

このページの先頭へ