円高と円安の違いとはなんでしょう

円高と円安の違いとは何かを説明すると
例えば、ドル円レートはドルと円とを交換する
ときの比率を指します。

例えば1ドル=90円のときと、1ドル=100円のときとでは、
どちらが円高でしょうか。
正解は1ドル=90円です。

1ドルを手に入れるために90円支払わなければならない場合と
100円支払わなければならない場合とを考えてみると、

90円しか払わなくてよいと言う事は、つまり1円当たりの価値は
高いといえるでしょう。そのために円高と呼びます。

いちいち考えるのは面倒ですから慣れてしまうのが良いでしょう。

ドル円チャートで見た場合、上に行くほど円安で、
下に行くほど円高です。

これも同じように考えれば分かると思います。
円高と円安の違いは思ったよりも難しくはないと
感じていただけましたでしょうか?

注意しておかなければならないのが、

どの通貨に対して円高・円安なのかということです。

為替レートとは通貨の交換比率ですから、相手通貨を指定しないと
正しく表現はできません。

ドルに対する円高の場合とユーロに対する円高の場合とでは意味が
異なってくるでしょう。

ドルに対する場合には「円高ドル安」と呼び、ユーロに対する場合には
「 円高ユーロ安」と呼ぶ事もあります。

一般的な習慣なのですが、何も指定せずに「円高」と言った場合には
円高ドル安を指します。

なぜドルなのかというと、ドルが基軸通貨だからです。
これは習慣的なものですが、覚えておくと便利です。

ただ、絶対にそうなのかというとそうではなく、
欧州問題を議論しているときの「円高」は「円高ユーロ安」
を指す場合が多いでしょう。

このページの先頭へ