外国為替市場の場所は、どれだけ探しても見つからない

「外国為替市場」の場所はどこですか、という質問がありますが、
実際には外国為替市場というものがどこかに設置されている
わけではありません。

これが株式市場との違いです。
日本では株式市場というと東京証券取引所や大阪証券取引所
などの証券取引所に場所が設置されています。

最近ではインターネットが普及しているために実感がない
かもしれませんが、株式取引は証券取引所で行われます。
ですから、東京証券取引所を指して「これが日本の株式市場です」
と言っても間違いではありません。

しかし、為替というのはどこかでまとめて処理される
というものではありません。

そのために「これが外国為替市場の場所です」というものは存在しません。
その代わりに「インターバンク市場」というものがあります。

インターバンク市場とは、金融機関(バンク)同士が
取引を行う市場です。

市場とは言っても、これもどこかに何かが設置されているので
はなくて、金融機関同士の取引をまとめているだけです。
あくまでも二者間の取引を総称しているのがインターバンク市場です。

「外国為替市場」という言葉にはいろいろな意味があるのですが、
多くの場合にはこのインターバンク市場を指します。

FXの取引をしたときにも、最終的にはこのインターバンク市場に
つながっていると考えられます。

FXの取り扱い業者は為替取引を引き受けたときに、そのリスクを
排除するためにカバー先と呼ばれる金融機関と取引を行います。

このカバー先はいくつか存在する場合もあるのですが、最終的には
カバー先の金融機関がインターバンク市場につながっています。
ですから、FXも外国為替市場に間接的につながっているのです。

このページの先頭へ