ロングとショートの違いと意味

ロングとショートについてですが、
簡単に言うとロングが買いでショートが売りです。

取引をするに当たってはこれだけ覚えておけば十分です。

例えば、ドル円の買いポジションを持つときには
「ドル円ロング」と表現することがあります。

単にロングが買いでショートが売りと覚えておけば
問題なく情報収集はできます。

FXの仕組みを理解していれば、通貨の買いポジションも
売りポジションも、どちらも買いと売りの両方が
あるという事が分かります。

例えば、ドル円を買うときには、円を売ってドルを買っています。
ですから、買うと言っても何かを売って何かを買っているわけです。

したがって、ドル円ロングは「ドルロング円ショート」
と表現されるべきなのですが、わざわざ言うのが面倒なので
習慣的にはドル円ロングと呼ばれることが多いです。

また、明らかな場合には相手通貨を略す事もあります。
日本ではドル円の取引が非常に多いですから、ドルを売買すると
言った場合には円で取引をする事が多く、

そのために「ドルロング」と略すこともあります。

この意味は「ドルロング円ショート」、あるいは
「ドル円ロング」と同じ意味になります。
ドル以外の通貨の取引をするときには注意が必要です。

例えば「ユーロショート」と言った場合、世界的に見ればユーロを
売ってドルを買う「ユーロショートドルロング」
あるいは「ユーロドルショート」を意味しますが、

日本では「ユーロショート円ロング」あるいは
「ユーロ円ショート」を指す事もあります。

このページの先頭へ