マージンコールとロスカットはリスク管理に最重要

前述したようにFXは借金をしての取引です。

例えば1ドル=100円のときに1万ドルの買いポジションを
持ったとすると、100万円を借りてきて1万ドルを
手に入れている事になります。

もしもこの状態で1ドル=90円にまで円高が進んだとすると、
この時点でポジションの大きさは90万円となります。

そうなると10万円の損失が発生している事になります。

FXの取引では損失が発生したときのために証拠金を預けている
のですが、このときにもし50万円の証拠金を預けていたとしても、
すでに10万円の損失が発生しているわけですから、

実質的な証拠金の金額は40万円にしかなりません。

極端な話をすると、1ドル=50円になれば損失は50万円となり、
実質的には証拠金は0円になってしまいます。

このような損失を防ぐためにマージンコールやロスカットが
定められています。

損失が発生して一定のレベルになると、
まずマージンコールが発動されます。

簡単に言うと「損失が大きくなってきていますよ」という
アドバイスだと考えれば良いでしょう。

そして、あまりにも損失が大きくなると、それ以上の損失を
食い止めるために強制的にポジションが決済されます。
これがロスカットです。

損失が大きくなりすぎないようにするために、取り扱い業者は
このようなシステムを導入しています。

できることならマージンコールが発生しないような
取引をするべきですし、もしもマージンコールが発生すれば
とにかく一度ポジションを決済して、
ロスカットされないようにするべきでしょう。

このページの先頭へ