FXって借金で取引している!?

円安でも円高でも利益を得られる理由は、
FXがポジションによる取引だからです。

簡単に言うと借金で取引をしているということです。

例えばドルスイスフランの買いポジションを持つ場合を
考えて見ましょう。

この場合、スイスフランを売ってドルを買うわけですが、
恐らく日本人のほとんどはスイスフランを保有していないでしょう。

それにもかかわらずスイスフランを売ってドルを買うことができます。
なぜなのかというと、スイスフランを取り扱い業者から借りるからです。

その後、反対売買をした後に借りたスイスフランを返済します。
これがFXの基本的な取引ですから、円高でも円安でも、
うまく出来ますと利益を得ることができます。

円安の場合にはドルが高くなるわけですから、円を売ってドルを
買っておけば利益を得ることができます。

また、円高の時にはドルを売って円を買えば良いのです。

このときのドルは取り扱い会社から借りてくることができますから、
円高局面でも利益を得ることができるでしょう。

ただ、注意しておかなければならないのは、単にその機会が
あるというだけです。

円高でも円安でも利益が得られるというのは少し誤解を招く表現で、
これはあくまでも予想が当たったときの話です。

円高局面でも円安局面でもチャンスがあるというだけで、
どんなときでも誰でも稼げるわけではありません。

当然の事ながら、予想をはずせば円高でも円安でも損失が発生します。
ですから、取引をするに当たっては緻密な分析が必要となります。

このページの先頭へ